3人目の彼氏に驚かれた日

「え? 本当に今まで2人しか付き合ったことがないの!」

25歳の夏、3人目の彼氏と付き合って3ヶ月目。

いいカンジになって、彼のアパートへ・・・
ドキドキ・・・(●´ω`●)ゞエヘヘ

そして・・・いよいよ・・・

というときに、私の乳首を見て
カレシが言った言葉ですヾ(*`Д´*)ノ”彡

※私、遊び人ではないです・・・

乳首が黒い=遊んでいる、だらしない?!

自分でいうのも照れくさいですが、
どちらかというと私は控えめな方で、男性に積極的じゃなく、
夜遊びなどほとんどしたことがないです(涙)

黒乳首=だらしない、遊んでいる

って科学的な根拠がないのに、ヒドイ言われようです。

茶髪 or 黒髪

乳首の色と、茶髪 or 黒髪、の印象と似ている気がします。

  • 茶髪・焼けている:遊び人、チャライ
  • 黒髪・色白:ピュア、清楚、真面目

黒髪で清楚に見える女性でも、遊びまくっている人は世の中
ごまんといます。

「見た目で判断してはダメ!」と言いたいですが、私のような少数派の
意見は通りづらいよね(汗)

アニメ、雑誌、グラビアアイドルなどの悪影響?!

乳首が”ピンク”=美しい女性のシンボル

と男性は期待しているのかもしれません。

そうした”先入観”を、アニメや雑誌、グラビアアイドルなどから植えつけられて、

乳首が黒い人を見ると「オレが思っていた理想の女性と違う!」

と理想と現実の違いにゲンナリしてしまうのでは? と思います。

裏を返せば、乳首が黒いだけで、ゲンナリする人は
”経験の浅く、器の小さな男性”かもしれません。

乳首が黒い5つの原因は!?

最大の原因は”メラニン色素の蓄積”です。

※メラニンの役割は肌の細胞を紫外線から守こと。
※外的な刺激があると、お肌を守るため、メラニンが出てきます。

では、もう少し原因を具体的に解説していきます。

①生まれつき

生まれつき、人それぞれメラニン色素の量が異なります。

色白の人もいれば、色黒の人もいるため、
乳首や乳輪の色も同じようにメラニン色素の量で左右されます。

②紫外線を浴びすぎ

「洋服で下着で隠れているから、紫外線は関係ないのでは?」

とあなたは思うかもしれません。

もちろん、UVカットの下着や水着を着れば防止は可能ですが、
そこまで気を使っている人は少数だと思います。

また目から入った紫外線の影響の場合もあるため、
紫外線の多い時間帯はサングラスをするようにしましょう。

③洋服、ブラとの摩擦

衣服もそうですが、やはりブラとの摩擦
メラニン色素ができやすくなります。

ブラとの摩擦の最大の原因が
”バストサイズにあったブラ”をしていないため。

最も多いケースが、胸が小さいのに、ちょっと大きめのブラをして
スカスカ・・・

刺激だらけですよね(汗)

また、ノーブラも危険で、洋服とかなり擦れるため、
ブラをするようにしましょう。

妊娠・出産・授乳

妊娠、出産時は女性ホルモンがドンドン増え、
特に妊娠後期は、平常時の10倍と言われています。

※バストもかなり大きくなります。

①女性ホルモン量がUP→②メラノサイト(※)を刺激→③メラニンが発生

※メラニンを作る工場のような色素細胞
※出産後にシミ・ソバカスができやすい原因のひとつ

また、出産後、赤ちゃんへの授乳は1日10~12回、1回20分前後かかるため、
乳首・乳輪にかなり負担がかかります。

※赤ちゃんもママのおっぱい(’@’)を吸いたくて、必死!

となると、乳首、乳輪を鍛えておく必要があるため、
自然と乳首が黒くなるわけです。

加齢

赤外線、摩擦、出産と、若い頃は黒くなくとも、
年をとっていけば、小さな積み重ねで、乳首・乳輪の色が
黒ずむ恐れが高いです。

ですが、逆に薄くなる可能性もあります。

なぜなら、女性ホルモンの分泌は40代~どんどん減少していくため、
乳首・乳輪の色が薄くなり、ピンクに戻りやすい体質になるからです。

※とはいえ、オバさん、お婆ちゃんになってからピンクになっても・・・(汗)

乳首が黒い3つの”お金がかからない”方法

①部屋を暗くする

カレシと●●するときは、必ず
「私、部屋が暗くないと●●できないの(^ω^*)))」

と言って、明るい部屋を拒否すること。

②体調不良を理由に

温泉旅行など、女性同士でも、乳首が黒いと恥ずかしいですよね。

そこで、
「ゴメン、体調がイマイチなの・・・」と体調不良を理由に避ける!

③ガングロデビュー?!

色白な肌であるほど、乳首や乳輪の色がより黒く見えます。

そこで、ガングロまでいかなくとも全体を小麦色の肌にすれば、
目立たなくなります。

乳首が黒い3つの”お金がかかる”方法

①健康的な生活

「理想だよ~そんなの!」

と怒られるかもしれません。

メラニンを蓄積しても、代謝(※メラニン代謝)によって、減少していきます。

ですが、運動をしない、食生活が乱れるなど不摂生な毎日を過ごせば
代謝が悪くなり、メラニンが蓄積しやすくなります。

②美容整形

料金はクリニックにもよりますが、
10万円以内で乳首の黒ずみ除去は可能です。

ただ、胸をさらすため、かなりの勇気が入りますし、
リスクもあるため、お手軽とは言い難いです。

③バストアップマッサージ

「え?胸を大きくする方法のことでしょ?!」

バストの大きさ以外にも、ハリ&バランスを整え、
乳首をピンク色も期待できます。

※私はバストマッサージでA→Cカップに成功したことがあります。

基本無料でできますが、やり方を間違えたり、また、継続しないと
効果はまったくありません。

そこで、有料・・・といいたいですが、”実質無料”で試せる
バストアップのため、DVD教材があるため、金銭的なリスクがありません。

→バストアップDVDは実質0円?!ノーリスクなの?!

③専用クリーム【※イチオシ!】

メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防止するクリームが
最もお手軽と言えます。

お風呂やシャワーの後にコッソリ塗るだけなので、
家族にも内緒にできますし、乳首の黒ずみに悩んでいること自体ばれません。

「でも、本当にそんなクリームで大丈夫なの?」

おそらく大半の人が不安だと思います。

そこで、当サイトは”返金保証つき”の専用クリームのみをご紹介しますので
ご安心を!

まとめ:本当にあなたの乳首は黒いのか?

最後の、最後で「え?」と思うかもしれませんが、
あなたの乳首は本当に黒いのでしょうか?

また、「カレシに嫌われたらどうしよう~」という女の子はかなり多い
思いますが、実際はそんなことであなたを嫌う男性は少ないと思いますよ。

私は直接指摘されましたが(涙)、3人目の人だけで、他の男性から
は一度も言われたことがありません^^;

とはいえ、乳首が黒いことは自慢になりませんので、
あなたのできる範囲で、対策してみてはいかがでしょうか?