バストアップサプリは毎日飲んでいる
キャベツやから揚げがいい、と聞いた食べている
マッサージもしている

「●●がバストアップに良いらしい!」

と聞いて、あなたはすでに胸を大きくするための
努力をしているかも知れません。

ですが、(なんか、イマイチだな・・・)と効果に疑問を
抱いているかもしれませんね。

結論から言うと、”冷え性”ですと、バストアップは難しいです。

なぜなら、冷えが原因で胸の血行が悪くなるからです。

そこで、今回は”お金”と”時間”を無駄にしないための
冷え性対策について解説をします。

冷え性をやっつける! 3つの対策【※食事】

生姜湯

”しょうが”は体をぽかぽかにする効果があります。

昔から風邪の予防やダイエット(※新陳代謝を良くする)生理痛の緩和
などに良いとされています。

「冬しか飲まないでしょ?」と思うかもしれませんが、
夏でも冷え性! な女子は多いです。

1年中飲んでも存することはないですよ^^;

白湯(さゆ・しらゆ)

50℃前後のただの”お湯”です。

「病人が飲むものでは?」という声がありますが、
有名モデルや女優さんも飲んでいるようです。

冷え性予防以外にも、お通じが良くなったり、風邪の予防
など良いとされます。

デメリットは”味がない”ので、レモンやハチミツ、
すりおろした生姜などを入れてみましょう。

※ちなみに、私はハチミツを入れて1日1杯飲んでいます。

コーヒ・ココアなど

カフェインが含まれており、より貧乳になってしまいます(涙)

詳しくは・・
→バストアップに良い食べ物・飲み物【※ベストは●●?!】

冷え性をやっつける! 4つの対策【※その他】

露出が少ない服装

頭寒足熱・・・

という言葉があるように

季節問わず、スカートは下半身を冷やすため
パンツスタイルにしましょう。

また靴下を重ね履きしたり、腹巻き(※夏用あり)
をするなら、冷えを極力防ぎましょう。

飲み物で上半身だけ温まっても、下半身が冷えてしまったは
元も子もなくなるからです。

夏場のクーラーの設定温度

OLさんは毎年夏になると、困りますよね^^;

男女間の体感温度の差は3度~5度あるため、
あなたが27度でちょうどいい♪

と思っても、男性は「暑いから!」と、エアコンガンガン
にして、結果的に女性の体が冷えてしまう・・・
というわけです。

社内で言いづらい雰囲気があるかもしれませんが、
女性で団結して上司と相談してみましょう。

サウナ・岩盤浴に通う

両方とも冷え性には最適です!

ただ、芯から暖めるなら”岩盤浴”がオススメ!

岩盤浴(※)は遠赤外線で体の深部から暖めるため、
デトックス効果などを含めると岩盤浴がオススメです。

余談ですが、最近では女性専用の岩盤浴もあります。

※デトックスや新陳代謝の向上、美肌、冷え性防止など

ホットヨガに通う

オフィスワークなど、ずっと座りっぱなしのため、
血行不良でバストに血液が十分に行かなくなる恐れもあります。

※足が”むくみ”やすくなります。

ヨガでもいいですが、ホットヨガは室温38度の暖かい部屋でやるため、
冷え性にももってこいです。

スクワットで太ももを鍛える

「どうしてスクワットなの?」

体の中で一番大きな筋肉は太ももだからです。

また、下半身に筋肉が集まっており、そこを重点的に鍛えることで、
基礎代謝がアップします。

冷え性のそもそもの原因は?!

一言で言うと”現代病”が原因かと思います。

運動不足:交通機関の発達・怠け

都心なら電車・地方なら自動車
歩くことはほとんどありませんよね?

また余裕があればタクシーを使う人も
いるため、筋力が落ち、新陳代謝も悪くなります。

【怠け】
ネット通販などで配達してくれるため、
一日中自宅にしても、生きていける時代。

となると、筋力は自然に落ちていきます・・

ストレス:女性の社会進出

2010年代の今、共働きが当たり前の時代です。

女性でも責任を任せられる役職についたり、残業地獄
だったり、とストレスがたまりがちです。

①ストレスがたまる→②自律神経が乱れる→③女性ホルモンの分泌が乱れる

とストレスはバストアップの大敵です。

冷え性のよくある疑問

冷え性は生まれつき?!

生まれつき、というよりも、環境(※住居・食事・教育)などに
よるものだと思います。

また男性は筋肉量が多く、女性は少ない。
逆に男性は脂肪が少なく、女性は多いため、冷え性になりやすいです。
(※脂肪は熱を通しづらくするため)

最後に:体をあたためましょう!

  • 生姜湯や白湯で体を温める
  • 岩盤浴に通う
  • 運動をする
  • 服装に注意にする

バストアップ方法をカリンが切る!※A→Cの貧乳脱出作戦!へ戻る