プエラリアミリフィカは副作用があるみたいだけど、原因は何?!
エストロゲンの”量”が原因です

プエラリアミリフィカ・・でなく、エストロゲンの副作用?

  • 生理がこなくなった
  • 体全体が太った気がする
  • 吐き気など気分がすぐれない

他にも頭痛・むくみ・肌荒れ・・などがあります。

「それ、ネットの口コミ見たことある!」

勉強熱心なあなたは、その副作用が心配で
バストアップサプリの購入を躊躇しているのかもしれません。

ですが、正確には”プエラリアミリフィカ”というよりは、プエラリアに含まれる
エストロゲン(※女性ホルモン)によるものです。

この記事では、副作用の原因と対策法を学ぶことで、
バストアップ選びの参考になればと、作成しました。

副作用までの仕組みをざっくりと解説

※詳細は後に徹底解説します。

まずは大まかに、仕組みを解説します。

①プエラリアミリフィカの中に”エストロゲンが含まれる”

②エストロゲン(※女性ホルモン)は女性らしい体作りに欠かせないもの

③生理周期で”排卵前”はエストロゲンの量がたくさん出る

④そのタイミングで、プエラリアミリフィカをとる
また、大量に摂取する


⑤ホルモンバランスが乱れ、副作用の恐れ

女性の体の基礎を学び、原因を探りましょう♪

4つの生理周期とホルモン分泌量

①生理中(月経):なんか凹む時期

頭痛・腹痛・食欲不振・イライラ・胃が痛いなど
女性なら誰もが経験します。

②卵胞期(※排卵前):お肌の調子&気分が良い時期

月経後の1週間前後の期間
エストロゲンが最も分泌される時期です。

※お肌の調子がよかったりするので、デート・合コンをするなら
このタイミングがベストかもしれません♪

③排卵期:感情の起伏が激しい時期

めまい・イライラ・頭痛、そしてブルーになりやすい時期です。
また基礎体温が高くなるため、風邪に似たダルさや倦怠感を感じやすくなります。

④黄体期:イライラ、ぷんぷん時期

とにかくイライラし、激オコ!プンプンな時期です。

原因はPMS(月経前症候群)でプロゲステロンの量が増え、
エストロゲンが減少するため、怒りっぽくなりやすいです。

※PMSの症状は200種類あります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)

※女性ホルモン=エストロゲン+プロゲステロン

  • エストロゲン:女性らしい体、美容と健康をサポート
  • プロゲステロン:妊娠しやすいような体作りをサポート

では、両者の詳細を詳しく解説します。

【エストロゲン(卵胞ホルモン)の役割】

  • 肌荒れ&ニキビの改善
  • 女性らしい体つき(※バストを美しく)
  • 更年期障害の改善
  • 骨粗鬆症予防
  • 新陳代謝を活性化

【プロゲステロン(黄体ホルモン)の役割】

  • 基礎体温を上昇させる
  • 妊娠するために体作りを助ける
  • 精神の安定(※幸福感)

女性ホルモンのバランスが崩れるとどうなる?

  • 生理不順
  • 不正出血
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 肌荒れ・ニキビ
  • むくみ
  • 動悸
  • 胃の不快感

上記でよくあるケースが”生理不順”です。

バストアップサプリは個人差はありますが・・・
生理がこなくなった or 生理が遅れた

というネット上の口コミが最も多いのではないでしょうか?

原因は色々ありますが、

  1. サプリメントが単純に体に合わない(※体質)
  2. エストロゲンの量が多い

だと推測できます。

副作用の原因は”飲む時期・量・年代”

エストロゲン(※女性ホルモン)の量は年代によって、分泌量が変わります。

年代

  • 10代:どんどん増える
  • 20才~35才:絶頂期!
  • 35才~45才:徐々に減少、おばさん化
  • 45歳~:更年期障害の入り口

「私、ぺちゃぱいだから」

10代と30代後半の女性が同じ”Aカップ”だとしても、

10代の女性はバストアップサプリは飲まないようにしましょう。

理由は女性ホルモンがこれからグングン伸びていく時期!なので
エストロゲンの量が増えていくのに、サプリで余計に増やすことになるからです。

時期

  1. 生理中(月経):なんか凹む時期
  2. 卵胞期:お肌の調子が良い!気分の良い時期(最高値!)
  3. 排卵:感情の起伏が激しい時期
  4. 黄体期:イライラ、ぷんぷん時期

プエラリアを飲んではいけないNG時期は
”生理1週間ほど前~生理期間中”です。

※他の期間は問題ないです。
※ベストタイミングは”月経期が終わり排卵日の3~4日後までがベスト

生理周期にあわせたサプリはある?!

ルーナ(LUNA)は①排卵~月経 ②月経後~排卵まで
と時期に合わせ、サプリが2種類あります。

自分で飲む時期を考えるのが面倒な人にオススメです。

>>ルーナの詳細はこちら

副作用が心配・・・他の方法は?!

プエラリアの副作用が心配・・
というあなたのために3つの解決方法をご紹介します。

①プエラリア”なし”のサプリを選ぶ

「プエラリアが配合されていないと、バストアップは無理じゃないの?」

私もそう思いました(汗)

ですがピンキープラスというサプリは、
87%の人が”リピ”するほど人気があります♪

>>ピンキープラスの詳細
>>ピンキープラスの公式

②全額返金保証付のサプリを選ぶ

  • ビーアップ
  • ルーナ
  • ぷるるん女神
  • エンジェルアップ

上記のサプリは万が一、バストアップできなかった場合に返金対応OKです。

「飲んでみないとわからない・・・」というあなたにおすすめ!

③バストアップマッサージをする

  • 豊胸:高額&リスクが高い
  • 補正下着:効果がなんともいえない

となると、バストアップマッサージがおすすめ

ただ、自己流&書籍を読みながらだと、3日坊主になること間違いなし(涙)
※昔の私もそうでした・・・

そこでバストアップ法を教えてくれるバストアップDVDがオススメです。

→バストアップDVDはノーリスク?! 怪しい?!

プエラリアのサプリNG!飲んではいけない人は?!

10代~20歳前後

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量がどんどん増えていくため、
サプリで追加する必要はありません。

妊娠前、妊娠中、授乳中は絶対ダメ!

まず、妊娠していることに気付かず、飲み続けることで、受精から着床しずらく
なる恐れがあります。

また母体に何かしら影響を与えたり、授乳で赤ちゃんに影響を与える
恐れもあります。

というか、※出産後はバストはイヤでも大きくなるので^^;
サプリメントを飲む必要がありません。

婦人系の病気がある人はダメ!

子宮筋腫・子宮内膜症・乳がん・甲状腺異常など、病気の方は
当然飲んではいけません。

また。ピルを服用している場合もNGです。

まとめ

  • プエラリアではなく、含まれるエストロゲンが原因
  • 女性の体の基礎を学び、原因を理解する
  • 副作用の原因は”飲む時期・量・年代”
  • 10代・妊娠中・病気の人はNG!
  • 心配な人はバストアップマッサージ

参考になれば幸いです☆

→バストアップサプリの上手な選び方【※6つの失敗を防ぐ方法】